アクセスカウンタ

<<  2010年1月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
失われた町(三崎亜記)
失われた町(三崎亜記) 失われた町 (集英社文庫)集英社 三崎 亜記 ユーザレビュー:読んでいて恥ずかしく ...紡がれる人の想い1つ ...Amazonアソシエイト by ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/30 23:37
− タイトルなし −
− タイトルなし − OMRON オムロン音波式電動歯ブラシ MediClean HT-B456オムロン 2008-12-01 ユーザレビュー:いいですよ。2?3年 ...Amazonアソシエイト by ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/26 23:03
セブンイレブン こだわりの米 塩むすび
セブンイレブンで発売されている「こだわりの米塩むすび」というのを食べてみたが、本当の塩むすびというわけではなくほんのりと酢が入っているようでお寿司のシャリのかんじがした。しかも、コンビニのおにぎりなので形がかたのままで微妙。まあ、これは仕方がないか。塩だけで時間をおいたものと考えると結構がんばっていると思うし、そう思って食べると十分においしいが、やっぱり手塩の手握りにはかなわないなぁ。人の手で握ったおにぎり食べたいよ(T_T) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/24 23:19
君たちに明日はない
NHKのドラマ「君たちに明日はない」をみた。 原作があるようだが、読んだことはないので、今回みた一話分だけで判断すると、次回もとりあえずみてみようかなという感じ。 リストラ請負会社のお話だが、現実的にそんな会社があるのか知らないけど、ようするにリストラのお話のようだ。ちょっと気になったことは、リストラのやりとりに重きを置いた作品ではなくのではなく「仕事」それ自体に焦点を当てている。適当に仕事をする人もいれば、身を粉にして自分のプライドをかけて仕事をする人もいる。でも、同じようにリストラされる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/16 19:27
Jalを国が助ける理由
さっきみてたNHKの番組によれば、JALを国が助けるのは以前半官半民でやってきて赤字の原因となっているものの多くが国が無理を言ってきたという側面があるからということらしい。ほかにも重要なインフラだからとかいう意見も議論されていたが、JALがいなければほかの誰かがやるだけで全くもうけの見えない事業であれば国が補助するのはやむを得ないがそうでない以上、ここですっきり今までのしがらみをとりさった会社として再生してほしい。 とうしょ、会社更生法すらつかわないで再生させようという風に動いていたのだが個人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/16 09:27
マスコミのダブルスタンダード
ハテブみてたら、こんなページを見つけた。小泉政権の塩川大臣のころはスルーしてるのに管大臣のときは騒ぎ立てる。ネタがほかにあったとか、当時の編集の人たちが現在よりさらにオオボケしかいなくたいしたニュースじゃないと思ったのかはしらないが、昔は言及しないで今急に言及しだすのは明らかに無理やりにでも世の中を騒がせたいという野次馬的根性の表れ。インターネットであっさりと真実が探し出せるいま、彼らは自分で自分の首を絞めているということに言ったいいつきがつくのだろうか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/09 21:23
日本人は政治的交渉がとても下手
正確に言うと交渉というものでないけど、シーシェパードに対する扱いを日本はとことん間違ってきた。鯨の捕鯨が国際法的に問題ないのであれば、シーシェパードなどさっさと抗議すらさせぬよう完膚なきまでに叩きのめすべきだったのに、RPGのボスのように勢いが強くなるまでしっかり育ててしまい、いまではこんな状態だ。きっと、なめてたんだと思うがオーストラリアでの偏った報道をみるに、このままでは日本との友好にまじで問題になりかねない。さすがに戦争にはならないとは思うが、このままでは捕鯨のために大きく国益を損ねること... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/07 23:28
毎年予測してるけど
毎年自分の投資の方針決めってこともあり今年の自分なりの経済の予測をしてたけど、今年は予測しにくいっす。去年はリーマン破綻でどん底、急反転ということは考えにくかったのである意味素人でもわかりやすい年だった。 今年は、二番底から回復までどの状態もあり得そう。ただし、個人的には二番底の可能性が一番少ないのではなかろうかと思う。これは中国の成長が日本経済にもよい影響を与えるということを期待してなので、中国の成長が止まってしまったらとか、アメリカがまた変なことをしてしまえば二番底もあり得る。そうなると私... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/04 23:43

<<  2010年1月のブログ記事  >> 

トップへ

Sakamori's Blog 2010年1月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる